患者さんへ

マタニティ

▼産科入院のご案内

■入院スケジュール  ■入院費用  ■入院時に必要なもの  ■面会時間  ■NICU・GCU
  出産や産科病棟などに関しましては、 下記までお問い合わせください。
E-Mail こちらから  
TEL:048-253-1551(産婦人科外来 14:00-16:00)

入院スケジュール

【正常分娩の場合】


入院期間:出産前日〜出産後5日までの計7日間

お母さん 出産当日 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目
出産後は、
4時間程度で
歩行可能です。
回診は毎日あります。
シャワー浴
できます。
  血液検査   退院診察
退院指導と沐浴指導を行います。
赤ちゃん 医師の診察 医師の診察     医師の診察  
  黄疸チェックは毎日あります。
聴覚検査と先天代謝異常検査を行います。

※帝王切開の場合、手術後7日間の入院になります。
1日目から授乳を始め、2日目から母児同室となります。

このページの先頭へ

入院費用

正常分娩では、原則的に自費診療で健康保険が適用されません。
基本料金…500,000円(差額室料は含まれません)

ただし、帝王切開や分娩時の異常および他に検査や処置を行った場合には、健康保険が適用され料金は前後します。

【室料差額】
個室をご利用される場合…13,000円(税別)/日
4人部屋をご利用される場合…室料の差額はありません。

◎出産育児一時金の医療機関等への直接支払制度について
出産育児一時金制度の医療機関等への直接支払制度とは、健保組合が直接、出産した医療機関に対して出産育児一時金を支払う制度です。これにより、退院時に窓口でお支払いいただく費用は出産育児一時金を上回った金額のみとなり、あらかじめ多額の出産費用を用意しなくて済みます。
当院ではこの「出産育児一時金の医療機関等への直接支払制度」をご利用いただくことができます。ご不明な点は産婦人科外来へお尋ねください。
出産育児一時金制度については、こちらもご覧ください(厚生労働省ホームページ)。

◎産科医療補償制度について
制度に加入している分娩機関で生まれた赤ちゃんが、分娩に関連して重度脳性まひとなり所定の要件を満たした場合に、赤ちゃんとご家族の経済的負担を補償するとともに、原因分析を行い同じような事例の再発防止に役立つ情報を提供する制度です。
当院は産科医療補償制度の加入分娩機関です。 「産科医療補償制度」のご案内は、分娩予約の際に産婦人科外来で行っています。詳しくは産婦人科外来へお尋ねください。
産科医療補償制度については、こちらもご覧ください(日本医療機能評価機構ホームページ)。

このページの先頭へ

入院時に必要な物

※入院される時のお荷物は、なるべくひとつにまとめ、
次の物をご用意ください。
■母子手帳
■診察券
■健康保険証(赤ちゃんが加入予定のもの)
■印鑑
■入院保証金 300,000円 (出産一時金直接支払制度を利用されない方)
□産褥用腹帯(コルセットor骨盤ベルト) 2枚
□産褥用ブラジャー(やわらかいもの)2枚
□食事セット(コップ、お箸など)
□時計
□ティッシュペーパー
□洗面用具
□タオル類
□内服中のお薬
□貴重品入れ

※次のものは荷物の一番上にのせておいてください。
◆着替え 2枚(1枚は必ず前開きのパジャマ)
◆産褥用ショーツ
◆靴のように、かかとのある履き物(クロックスは禁止)

※入院中の赤ちゃんの着物とオムツは病院で用意してあります。
※退院時には、赤ちゃんの着物
(肌着・長着・ドレス・おくるみ)をお持ちください。

   
このページの先頭へ

面会時間

午後2時〜午後8時まで
面会について、詳しくはこちらをご覧ください。

※15歳以下のお子さまのご面会はご遠慮いただいております。
※食べものの持ち込みはご遠慮ください。

このページの先頭へ

NICU・GCU

小児科病棟には、NICU(6床)・GCU(6床)がございます。
産科医師と小児科医師の連携を密にし、低体重児や重症児などハイリスク児の分娩出産が安全にできます。

  出産や産科病棟などに関しましては、 下記までお問い合わせください。
E-Mail こちらから  
TEL:048-253-1551(産婦人科外来 14:00-16:00)
このページの先頭へ