地域がん診療連携拠点病院、地域医療支援病院、臨床研修病院、地域周産期母子医療センター、災害拠点病院

埼玉県済生会川口総合病院

お問い合わせフォーム
PET/CTセンター

保険適用範囲

保険適用範囲

PET/CT検査の保険適用範囲に関しては下記の通りとなります。

てんかん 難治性部分てんかんで、外科切除が必要とされる患者に使用する。
虚血性心疾患 虚血性心疾患による心不全患者における、心筋組織のバイアビリティ診断(他の検査で判断のつかない場合に限る)、または心サルコイドーシスにおける炎症部位の診断が必要とされる患者に使用する。
悪性腫瘍
(早期胃がんを除き、
悪性リンパ腫を含む)
他の検査、画像診断により病期診断、転移・再発の診断が確定できない患者に使用する。

■変更点と注意点
腫瘍性病変に対する保険適用が、すべての悪性腫瘍(早期胃がんを除く)に適用拡大されました。
ただし、悪性腫瘍疑いでの適用についての記載がなくなり、また、「ほかの検査、画像診断により病期診断、転移・再発の診断が確定できない患者に使用する」との但し書きがあります。
てんかんや虚血性心疾患に対する保険適用は従来と変わりません。
厚生労働省との適用見解についての確認は、これからの動向を見守ることになりますが、核医学会では、細胞診・組織診がなくとも、臨床診断病名での保険適用は可能との見方を示しております。

・原則として、がん疑いの場合は保険適用となりません(がん保険加入済み、あるいは加入予定の場合にはご注意ください) 。
・悪性リンパ腫を除いては、治療効果判定目的としての保険適応がありません。
・腫瘍マーカーの上昇だけの場合や、再発の兆候がみられない定期的な検査の場合などは、原則として自費診療となります。
・検査ご依頼の際には、依頼書およびカルテに、悪性病変を疑う理由、再発を疑う理由についての記載をお願いします。

このページの先頭へ