地域がん診療連携拠点病院、地域医療支援病院、臨床研修病院、地域周産期母子医療センター、災害拠点病院

埼玉県済生会川口総合病院

看護部

ごあいさつ

ごあいさつ

看護師一人ひとりを大切に、キャリアアップを支援します!
看護は、身体のケアを通して患者さんの心に寄り添う実践そのものであると考えています。
また、看護という仕事は、患者さんやご家族との出会いの中から
人として限りなく成長できるステキな職業であると思っています。
私たちは、病院・看護部の理念のもと、こころざしをひとつにして働く仲間を歓迎します。
そして、ともに働く看護師一人ひとりのライフスタイルや
キャリアデザインの実現を支援しつつ、働き続けられる職場づくりをめざしています。

地域の中核となる急性期病院でキャリアを積むことの強み

当院は総合病院として多くの診療科を有し、
訪問看護ステーション・健診センター・看護学校・乳児院なども併設しているため、
看護実践能力の高い看護師を育成する良いフィールドであると思います。
→メッセージ

主に急性期の患者さんが対象ですが、その回復過程においても
回復期・慢性期・終末期・在宅など、様々な看護の対象と出会うことができます。
→部署紹介

複数の部署を経験し視野を広げる中で、
スペシャリストとしての方向性を見出すこともできます。
→メッセージ  →福利厚生

実践能力の高いジュネラリストと専門的能力を発揮できる
スペシャリスト育成のための教育体制・支援体制が整っています。
→教育体制

多職種によるチーム医療の推進
各部署ではリハビリテーションカンファレンス・疼痛カンファレンスなど、患者さんやご家族の
思いを尊重しながら、 関連する職種が集まってカンファレンスが開かれています。
また、栄養サポートチームや緩和ケアチームなどが部署をラウンドし、
主治医や看護師、患者さん、ご家族からの相談に応じ組織横断的に活動しています。
私たち看護師は、患者さんやご家族の生活を支援する看護の視点で問題提起や
情報提供をし、他の職種の人たちと意見交換することでよりよい解決策を見出していきます。
2008年から埼玉県立大学のインタープロフェッショナル演習を受け入れており、
これは看護学科・理学療法学科・社会福祉学科・ 作業療法学科・健康開発学科の学生が
1チームになり、連携・協働してひとりの利用者の支援活動を検討していく演習です。
医療者側として、医師・看護師・理学療法士・社会福祉士が関わっていますが、
学生さんたちの演習を通してチーム医療のあり方を再確認する良い機会となっています。

看護部長 名古屋 恵子

看護部長 名古屋 恵子
 

ご挨拶特長教育体制部署紹介福利厚生メッセージ

このページの先頭へ