地域がん診療連携拠点病院、地域医療支援病院、臨床研修病院、地域周産期母子医療センター、災害拠点病院

埼玉県済生会川口総合病院

看護部
  • 看護部 > 
  • 専門・認定看護師

専門・認定看護師

多くの専門看護師・認定看護師が、それぞれの専門分野で活躍しています。
教育体制として専門・認定看護師を育成する規程があり、支援方法を明確にするなど、
専門・認定看護師を目指す看護師の育成、教育に力を入れています。

専門看護師

◆がん看護専門看護師
患者さん、ご家族からのがんに関する悩みごと、心配ごと、治療の副作用などについて
相談を受け、その人らしく生活が送れるよう支援しています。
また、外来、病棟看護師から、がん看護に関する相談を受け、指導、支援を行い、がん看護のスキルアップのために勉強会を開催しています。

赤地 桂子
赤地 桂子

認定看護師

◆救急看護認定看護師
当院は二次救急病院であり、救急の中でも中等症の患者さんが対象となる施設ですが、現実には軽症から重症まで、さまざまな患者さんが来院します。そのため、緊急度・重傷度の高い患者さんを見極め、適切な時間に適切な施設で診療を受けられるように院内外とも連携を図り、チーム医療を円滑に行えるように活動をしています。
そして、急な事故や病気で来院する患者さん・ご家族の不安や苦痛を最小限にできるように、救急領域における看護実践・指導・相談を行い、1人でも多くの命を救えるように努めていきたいと思います。

濱田 日登美

◆救急看護認定看護師
ICUで、急な病気や事故などにより救急車で運ばれる患者さんや、手術後の患者さんに対し、早期から生活者として社会復帰できるように合併症の予防に重点をおき看護ケアを行っています。
急性期には、患者さんだけでなく、それを支えるご家族にも精神的な負担がかかります。ご家族の精神的な負担を軽減し、医療者とご家族が同じ方向へ向かって患者さんを支えられるように介入しています。
また、医師、看護師だけでなく、リハビリスタッフや技師、栄養科、ソーシャルワーカーと連携を取り、患者さんにより良い医療が提供できるように活動しています。

山中 大和

◆皮膚・排泄ケア認定看護師
看護部の教育担当副部長としてスタッフの育成、院内の専門・認定看護師の支援をしております。
直接患者さんに接する機会は少なくなりましたが、患者さんが安心・安全に、そして安心して医療・看護を受けられるための皮膚・排泄ケア領域に関連した活動を行っております。たとえば、患者さんが入院生活を送るうえで欠かせないベッドマットレスが心地よい状態であるかの監視、皮膚に直接貼るテープ類を選択する際のアドバイス、スタッフからのストーマケアやスキンケアの相談に応じています。

安藤 眞理子
安藤 眞理子  

◆皮膚・排泄ケア認定看護師
週4回、非常勤として皮膚・排泄ケア領域を専門に、 オストメイトが手術前と変わらない生活を送ることを目標に患者さんのサポートをしております。
スキンケア外来(ストーマ外来)では、患者さんが抱えている悩みや不安に向きあい、解決の手立てを共に考えながらQOL(生活の質)の維持・向上を図りたいと思っています。
また、医師や看護師と協働し、創傷および褥瘡(床ずれ)ケアにも取り組んでいます。褥瘡対策委員会では、専門的知識・技術を用いた予防ケア・治療を目指し、チーム医療による活動を推進したいと思っています。

安藤 眞理子
豊田 美和  

◆集中ケア認定看護師
重症な状態の方や緊急入院が必要となった患者さんの、重症化を防ぐための援助や合併症の予防、早期回復に向けた支援を行っています。多くの医療機器に囲まれ、会話をすることができなかったり、自分で体を動かすことができない状態の患者さんが、できるだけ早期に元の日常生活を取り戻すことができるように、患者さんの回復を支援しています。
また、重症な状態や緊急入院となり、患者さんやご家族の不安や緊張が高まっている中、安心して治療・看護が受けられるように多職種と連携をはかり、患者さんやご家族に寄り添った看護の提供ができるよう努めています。

田中 恵子

◆がん性疼痛看護認定看護師
日々痛みに苦しんでいる多くのがん患者さんと出会い、その苦痛を看護の力で少しでも緩和することができたらいいなという思いから、がん性疼痛看護認定看護師の道を志しました。
現在は、外科病棟に所属し、週2回、緩和ケアチームの専従看護師として活動しています。
今後も、がん患者さんの体験している身体的、精神的などのあらゆる痛みを理解し、それに基づいた疼痛緩和ケアの検討を行い、提供していくとともに、患者さんのそのときの状況に合わせてより良い疼痛治療が提供できるよう努めていきたいと思います。

椿 浩美
椿 浩美

◆感染管理認定看護師
患者さんとその家族、また病院職員が医療関連感染を受けない環境を整えることができるよう、サーベイランス、教育(指導)、相談など感染対策全般にかかわる業務を専従で行っています。感染対策委員会やICT(Infection Control Team:インフェクションコントロールチーム)との協働作業はもちろん、職種を隔てることなく多職種と協働し、組織横断的に活動しています。

千葉 礼子
千葉 礼子

◆感染管理認定看護師
産科病棟で助産師業務と感染防止に関する業務を兼任しています。
現在、自部署で妊婦・産婦・新生児の感染防御だけでなく、スタッフ自身の感染による健康被害を未然に防ぐ感染対策を実施しています。活動するにあたり自部署の分析を行い、何を優先して取り組むべきなのかを考え、行動するように心がけています。
また、感染症に関する情報を敏速にキャッチし、予防措置がとれるようにスタッフ教育も行っています。
専従感染管理認定看護師と共に、院内ラウンドや地域連携活動にも参加しています。

柴田 幸子

◆手術看護認定看護師
手術治療を受ける患者さんとその家族が、安全で安心な手術を受けられるように、術前から術後まで、継続した看護の提供を目指しています。
手術を受ける患者さんに最良の手術治療を提供できるように、医師をはじめ多くの職種と連携をはかり支援しています。
また、院内スタッフに対しても開かれた手術室を目指し、研修や勉強会を開催して手術や麻酔に関する知識と技術の教育を担当しています。

北山 真澄
北山 真澄

◆脳卒中リハビリテーション看護認定看護師
脳卒中を発症した患者さんの合併症予防や日常生活に必要な動作を獲得するために、病棟内でできるリハビリテーションを行っています。
また、脳卒中の患者さんは後遺症を残したまま社会復帰することが多く、再発も多い病気です。早期から多職種と連携し、転院や自宅退院に向けたかかわりをしています。
患者さん、ご家族が望む生活に少しでも近づけるよう患者さんの回復を支えていくことを目標に活動しています。

田村 昭美

その他の専門資格

◆メディカルフットケアワーカー
毎週火曜日に皮膚科医師と連携して、足と爪のケアを専門とした「フットケア外来」を開設しています。厚硬爪・変形爪・陥入爪・巻き爪・胼胝など、年間約300名の爪ケアを実施しています。
専門的な爪ケアの提供と同時に、自分でできる爪ケアや靴の選び方・履き方などのセルフケア指導や家族指導も行なっています。
また、それぞれの場面で適切なケアを提供できるよう、看護師を対象とした爪のケア基礎コースの研修会を開催しています。

メディカルフットケアワーカー
金指 幸子
大須賀 範子
 

◆医療安全管理者
医療事故の防止と、安全で質の高い医療の提供を目標に、組織横断的な活動をしています。 医療安全にもっとも重要なことは、医療チームのメンバー間での密接なコミュニケーションであることを認識しながら、自らも各病棟に赴き、多くの情報を収集するように努めています。
主な活動は、各部門から提出される問題発生報告の分析で、その情報をもとに、各部門と連携しながら予防策、是正策を検討することです。また、看護師を対象に、危険予知の感性を高めるための教育やトレーニングを行っています。

松居 千明
 

ご挨拶特長教育体制部署紹介福利厚生メッセージ

このページの先頭へ