取り組み・実績

クリニカルパス

クリニカルパスとは?

クリニカルパスは、ご入院中の標準的な疾患について、 入院から退院までの治療・検査・手術・ リハビリなどの治療内容や、
食事・入浴・安静度などの生活内容などの進み方をまとめた診療計画表です。

クリニカルパスには、「患者さん用」と「医療者用」のものがあります。
患者さんにお渡しするクリニカルパスには、上記のような治療内容や入院生活内容をイラストを入れて、わかりやすく説明しています。
また、医療者が使用するクリニカルパスは、医師や看護師、薬剤師など、さまざまな職種のスタッフが共有化する計画表です。それぞれの医師による医療内容のばらつきを防ぎ、各職種の医療スタッフの技術や考え方の標準化が共有されることで、より効果的で、安全で質の高い医療を提供することにつながります。

クリニカルパスのメリット

患者さんのメリット
事前に医療内容や予定を知ることができますので、不安感が軽減し、自己管理もしやすくなり、
患者さんご自身の積極的な治療への参加につながっています。
また、診療内容を理解することにより、医療スタッフとのコミュニケーションが活発になり、
よりよい信頼関係の構築につながっています。

医療者のメリット
さまざまな職種間で診療情報を共有することができます。
必要な検査・処置等の欠落をなくし、余分な検査等も排除できます。

当院で使用しているクリニカルパス

◆病棟クリニカルパス
心臓カテーテル検査の入院診療計画書(PDFファイル
正常産褥の入院診療計画書(PDFファイル
小児のぜんそくの入院診療計画書(PDFファイル
◆日帰り手術クリニカルパス
白内障手術入院診療計画書(PDFファイル
前立腺生検入院診療計画書(PDFファイル

 ◎地域連携クリニカルパスはこちら

このページの先頭へ