地域がん診療連携拠点病院、地域医療支援病院、臨床研修病院、地域周産期母子医療センター、災害拠点病院

埼玉県済生会川口総合病院

がん治療への取り組み

緩和ケア

■緩和ケア   ■緩和ケアへの取り組み

緩和ケア

緩和ケアは、がんの治療ができなくなってからではなく、がんと診断された時から始めます。体や心などのつらさが大きいと、体力を消耗し、がんの治療を続けることが難しくなります。そのため、がんと診断された時から「つらさをやわらげる=緩和ケア」を始めることが大切です。

緩和ケアへの取り組み

あなたのつらさに耳を傾けます
がんという病名、さらには普段聞きなれないがん治療の専門的な言葉などを聞いて、気持ちが動揺するのは当然のことです。
私たち緩和ケアチームは、その不安や動揺、これからのことや、その中であなたが大切にしていきたいことを、一緒に考えていきたいと思います。その際、「生活のしやすさに関する質問表」というものを活用しています。
ご希望に沿うよう、専門のスタッフと連携し、支援させていただきます。

生活のしやすさに関する質問表

緩和ケアチーム
当院には、緩和ケアを専門的に提供している医師、看護師、薬剤師、臨床心理士、ソーシャルワーカーなどから構成される緩和ケアチームがあります。
患者さんやご家族の気持ちのつらさ、苦しさに寄り添い、少しでも不安感が軽減されるよう、共に考え、患者さんとそのご家族が「より自分らしく」生活できるようサポートすることを目指しています。

緩和ケアチーム

 

緩和ケアチームに関することや、緩和ケアチームのスタッフと話をしてみたい場合には、がん相談支援センターへお問い合わせください。
なお、当院には緩和ケア病棟はございません。

このページの先頭へ
  【お問い合わせ】
がん相談支援センター
TEL:048-253-8941 (平日 10:00-15:00)