診療科・部門紹介
循環器内科
特長   学会認定施設   スタッフ紹介   主な対象疾患   専門外来
主な手術・治療・検査とその実績   外来担当医表

特長

当科では、狭心症や心筋梗塞などをさまざまな方式で診断し、必要に応じてインターベンション名誉専門医・認定医がカテーテルにより治療しております。
不整脈治療では、徐脈性不整脈に対するペースメーカー治療に加え、発作性心房細動などの著しい動悸発作、あるいは突然死の原因となる頻拍性不整脈に対しての根治療法である、 カテーテル心筋焼灼術(カテーテルアブレーション)を専門医が行っており、コンタクトフォースやクライオアブレーションという最新の技術も取り入れています。

学会認定施設

日本循環器学会認定循環器専門医研修施設

このページの先頭へ

スタッフ紹介

主任部長   高木 厚 (たかぎ あつし)
部 長   船崎 俊一 (ふなざき としかず)
部 長   田中 孝幸 (たなか たかゆき)
部 長   那須野 暁光 (なすの あきみつ)
部 長   小村 悟 (こむら さとる)
医 長   安倍 紘嗣 (あべ こうじ)
医 長   上野 彰子 (うえの あきこ)
医 長   松本 卓 (まつもと すぐる)
医 長   和田 晃 (わだ あきら)
医 員   山本 篤志 (やまもと あつし)
このページの先頭へ

主な対象疾患

循環器内科は心臓・血管・血圧に関連した病気の診断、治療、予防を担当します。
a) 突然危険な状態になり得る病気
 ・ 虚血性心疾患:狭心症,心筋梗塞
 ・ 不整脈発作
  1)頻拍症:心房細動(発作性,慢性),発作性頻拍症(上室性,心室性)
  2)徐脈:洞不全症候群,房室ブロック
 ・ 心不全(急性心不全,慢性心不全急性増悪)
 ・ 肺梗塞/肺動脈閉塞症:深部静脈血栓症
b) 長い経過の末、病態が進行あるいは発作を発症する病気
 ・ 高血圧
 ・ 高脂血症(脂質代謝異常)
 ・ 閉塞性動脈硬化症
 ・ 睡眠時無呼吸症候群
c) 日常生活の質を低下させる(気力がでない、めまい、立ちくらみなど)病気
 ・ 低血圧

このページの先頭へ

専門外来

○ペースメーカー外来  (予約制)(金曜午後)
移植術後のペースメーカーチェック

このページの先頭へ

主な手術・治療・検査とその実績

主な検査

心臓超音波(心エコー)検査 心臓の動きや大きさを調べる検査
トレッドミル運動負荷検査 動くベルトの上を歩くことで、心肺機能を調べる検査
経食道超音波(エコー)検査 弁膜や心臓内血栓の有無精密検査
(胃カメラのような管を使う検査です)
512列マルチスライスCT (MSCT) CTによる冠動脈や心血管構造の検査
ラジオアイソトープ検査 冠動脈血流や心筋代謝を評価する核医学検査
心臓MRI検査 心筋症などの心筋障害を調べる検査
心臓PET検査 特殊な心筋症炎症などの検査

主な手術

    平成26年度
経皮的冠動脈形成術(PCI) 冠動脈へのカテーテル治療 276件
経皮的心筋焼灼術(アブレーション) カテーテルによる不整脈源への高周波治療 128件
永久ペースメーカー移植術   53件
このページの先頭へ