医師としての第一歩 〜 人として、医療人として共に成長 〜

研修プログラム

臨床研修の理念・基本方針

理念

当院の理念・基本方針の下、医師として豊かな人格と基本的診療能力を身に付けることを目的とする

基本方針

  • 医の倫理について理解し、医師として人格を高めるように努める
  • 医療チームの一員としての役割を理解し、スタッフと協調するよう努める
  • インフォームドコンセントを通じて、患者中心の医療を学ぶ
  • プライマリケアを中心に必要な診療能力を身に付ける
  • 病院は指導体制を充実させ、研修に専念できる環境の整備に努める

研修プログラムの特色

当院は424床の総合病院で、救急車受入台数は4,800台以上となっています。当直においては内科系・外科系・循環器内科・ICUの4科体制となっており、小児科については川口市の小児科当番(毎週火曜日および該当日)にて行います。

救急外来でのファーストタッチは研修医が行うので、さまざまな症例(特に脳神経領域)を経験することが可能です。

また、地域医療研修に関しては救急車同乗研修や岩手県にある済生会岩泉病院での研修もできます。

選択科は8カ月間設定されており、年度内での選択科変更も可能となっています。1学年12名という過不足ない人数かつ、指導医数50余名の中で時間に追われることなく豊富な症例経験が可能です。

研修方式

一年次

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
内科 内科 内科 内科 内科 内科 外科 外科 麻酔科 麻酔科 産婦
人科
救急

二年次

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
小児科 小児科 救急 地域
医療
選択科 選択科 選択科 選択科 選択科 選択科 選択科 選択科

必修科目9か月

内科6か月(消化器内科・循環器内科各2か月のほか、腎臓内科、呼吸器内科、糖尿病・内分泌内科、神経内科から2か月選択)、救急2か月(救急外来での2か月間の研修の他に、日当直業務および各診療科ローテート時の救急当番での研修を加えて、合計3か月間の研修とします)、地域医療1か月

病院必修(7か月)

外科2か月、麻酔科2か月、小児科2か月、産婦人科1か月

選択科目(8か月)

上記「病院の概要」の診療科目のほか、地域保健から選択。ただし、精神科を選択した場合は、協力病院である順天堂大学医学部附属順天堂越谷病院での研修となります。

1週間のスケジュール(例) 研修科:呼吸器内科

曜日 ~9:00 9:00~ 12:00~ 18:00~ 当直
月曜日 病棟 腹部エコー カンファレンス
火曜日 病棟 気管支鏡検査
水曜日 院内勉強会 病棟 気管支鏡検査 カンファレンス 当直
木曜日 病棟 当直明けで帰宅
金曜日 病棟 腹部エコー カンファレンス
土曜日 休み
日曜日 当直

1日のスケジュール(例) 研修科:循環器内科

08:15 カンファレンス
09:15 病棟業務・カテーテル検査 など
12:00 昼休み
13:00 病棟業務・緊急入院対応 など
17:00 緊急入院対応・医局会(月3~4回) など

研修環境

地域医療研修の一環として、岩手県済生会岩泉病院での僻地研修

屋根瓦方式による上級医からの指導

オープンな医局スペース