診療科・部門紹介
神経内科
特長   学会認定施設   スタッフ紹介   主な対象疾患
主な手術・治療・検査とその実績   受診に際して   Q&A
外来担当医表

特長

当科では、高校生以上の患者さんを対象とし、神経難病と言われる疾患を診察しております。
例としましては、パーキンソン病関連疾患、多発性硬化症、重症筋無力症、脊髄小脳変性症などです。その他、脳梗塞、頭痛、めまい、てんかんなどの疾患も診ております。
脳神経外科と緊密な連携体制のもと診療に当たっております。頭部MRI、CT、エコー検査のほかに、神経伝導検査や核医学検査など行うことも可能な施設となっております。

学会認定施設

日本神経学会専門医制度教育関連施設
日本内科学会認定医制度審議会教育病院

このページの先頭へ

スタッフ紹介

主任医長   古谷 剛 (ふるや つよし)
(非常勤)   濃沼 崇博 (こいぬま たかひろ)
(非常勤)   石黒 雄太(いしぐろ ゆうた)
このページの先頭へ

主な対象疾患

頭痛(緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛など)、神経変性疾患(パーキンソン病、進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症、多系統萎縮症、脊髄小脳変性症、レビー小体型認知症、筋萎縮性硬化症など)、脳血管障害(脳梗塞、一過性脳虚血発作)、てんかん、眼瞼けいれん、本態性振戦、ギランバレー症候群、慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー、多発性硬化症、重症筋無力症など

このページの先頭へ

主な手術・治療・検査とその実績

■主な検査
・CT検査
・MRI検査
・RI検査(脳血流シンチグラフィー、MIBG心筋シンチ、DATスキャン)
・脳波検査
・神経伝導速度検査

このページの先頭へ

受診に際して

受診に際しての注意事項

・初診の際は、長時間お待たせしてしまうことがありますので、予めご了承ください。
・基本的に、上記の検査、特殊疾患の経過観察、加療が主体となります。
 まずは、かかりつけ医の先生にご相談の上、紹介状をご持参の上お越しください。必要に応じて検査をさせていただきます。状態が 安定している方は、かかりつけ医の先生にその後の継続加療をお願いしております。
・他院で診断が確定され、その後の経過観察、継続投薬などの診療は致しておりません。

このページの先頭へ

Q&A

Q1.神経内科と心療内科、神経科、精神科の違いがよくわからないのですが。
A1.
確かによく混同されます。
心療内科や神経科は、「神経を使ってストレス負けした」などと言ったときの「神経」、
すなわち、「こころ」の病を中心に扱います。
神経内科の「神経」とは、脳梗塞などによる「片麻痺」で、
脳・脊髄そのものの障害を意味しています。
脳や脊髄が正常な組織でなくなってしまうアルツハイマー病、パーキンソン症候群などの病気は
変性疾患と言いますが、こうした珍しい病気の治療を担当する科でもあります。

このページの先頭へ