診療科・部門紹介
整形外科
特長・主な対象疾患   学会認定施設  専門外来   スタッフ紹介
主な手術・治療・検査とその実績   済生会川口総合病院 脊椎脊髄病センター  手外科専門医
ご入院について   外来受診について   手術費用概算について   Q&A   外来担当医表

特長・主な対象疾患

整形外科とは、骨、筋肉、腱、神経といった構造物の異常(痛み、変形、機能障害など)の原因を診断し治す科です。
具体的にはケガにより骨が折れたり、腱が切れたり、神経が切断されたりといった外傷を治療します。
さらに、ケガ以外でも肩こり、腰痛、背骨の変形、脊髄神経の障害といった加齢によりもたらされた病気を治す科でもあります。
これらの構造物は首から手足の先までの広い範囲に存在し、
しかも外傷や加齢性変化にさらされる機会が多いので、非常に守備範囲の広い科といえます。

当院では、特に脊椎・脊髄の病気やケガ、上肢(肩から指先まで)の病気やケガに絞って診療を行っています。
これらのうち、脊椎・脊髄や上肢の外傷に対して、救急性、専門性が要求される場合には診療時間外でも対応します。
なお、ひざや股関節の手術対象疾患は、川口工業総合病院など近隣の病院と連携を取ることで対応しています。

《脊椎・脊髄の病気》
首の痛み、肩の凝り、腰の痛み、手の痛みしびれ、足の痛みしびれといった症状を訴える患者さんの
診断、治療を得意としています。
病気の名前には、頚椎症性脊髄症、頚椎症性神経根症、腰椎すべり症、腰部脊椎管狭窄症、
腰椎椎間板ヘルニアといったものが代表的です。
脊椎、脊髄のケガには、事故、ケガ等による脊椎・脊髄損傷がよく知られていますが、
脊椎、脊髄損傷により麻痺を生じた患者さんの診断、治療を専門的に行っています。
これらの病気・ケガによる脊骨のズレや変形に対しては、金属を用いる矯正固定術を行い、
椎間板ヘルニアに対しては、内視鏡を用いる手術も施行しています。

《上肢(肩から指先まで)の病気》
肩の痛み、手のしびれといった症状を訴える患者さんの診断、治療を得意としています。
上肢の病気に対し治療を施すことはもちろんですが、上肢はケガ(切った、変形した、折れた)が非常に多いので、
これらに対する診断、治療、手術を専門的に行っています。

これらの脊椎・脊髄、上肢の病気、ケガにより、昨年1年間に当科で手術した患者さんは、
脊椎の手術は848件、上肢の手術は368件、股関節・その他は43件、合計1,259件でした。
※「手術しないで治す デュプイトラン拘縮」の治療をはじめました。

学会認定施設

日本整形外科学会研修施設
日本手外科学会基幹研修施設

このページの先頭へ

スタッフ紹介

顧 問   佐藤 浩一 (さとう ひろかず)
主任部長   新井 嘉容 (あらい よしやす)
部 長   太田 剛 (おおた つよし)
部 長   坂井 顕一郎 (さかい けんいちろう)
部 長   鳥越 一郎 (とりごえ いちろう)
医 長   榊 経平 (さかき きょうへい)
医 長   鏑木 秀俊 (かぶらぎ ひでとし)
医 長   山田 剛史 (やまだ つよし)
医 長   松倉 遊(まつくら ゆう)
医 長   小膨邸‖邵 (おやいづ たくや)
医 員   堀内 聖剛 (ほりうち きよたか)
医 員   公平 勇二 (こうだいら ゆうじ)
(非常勤)   神野 哲也 (じんの てつや)
(非常勤)   江幡 重人 (えばた しげと)
(非常勤)   吉井 俊貴 (よしい としたか)
(非常勤)   前原 秀二 (まえはら ひでつぐ)
(非常勤)   平井 高志 (ひらい たかし)
(非常勤)   高橋 徹 (たかはし とおる)
このページの先頭へ

専門外来

○側わん外来  (火曜午後)
側わん外来では、主に思春期特発性側弯症の診断、装具治療、定期的経過観察を行っています。
症例に応じて手術的治療も行っています。

このページの先頭へ

主な手術・治療・検査とその実績

整形外科手術件数 平成26年度 平成27年度
1,229件 1,259件
  平成26年度 平成27年度
脊椎手術 814例 848例
手の外手術 373例 368例
股関節・その他 42例 43例

1:頸椎前方除圧固定術、頸椎後縦靭帯骨化症に対する骨化浮上術

 

頸椎症性脊髄症、頸椎椎間板ヘルニア、頸椎後縦靭帯骨化症などの場合、一般的には頸椎後方からの除圧術を行う施設が多いのですが、当科では病態に応じて頸椎前方除圧固定術を選択する場合があります。特に骨化の大きな後縦靭帯骨化症に対しては、前方除圧固定術(骨化浮上術)の成績が優れていると言われています。手術難易度が高いため、全国的にも手術を行う施設は限られていますが、当科では積極的に行っています。
また、頸椎前方除圧固定術を選択した場合は、後方手術に比べ、術後の頚部痛、肩こりなどの症状が出にくいなどのメリットもあります。
一般的な頸椎前方固定術では、骨移植のために骨盤や腓骨を採取する場合がありますが、当科では術後の採骨部の痛みを最小限にするために、ケージと呼ばれるチタン製金属またはPEEK(ポリエーテルエーテルケトン)素材、金属製プレートを併用し固定を行っております。このような手術方法により、手術後の入院期間は1週間程度、カラー固定は4〜6週間程度と短縮しています。

2:脊柱変形に対する矯正手術

 

当科では腰部脊柱管狭窄症や腰椎変性すべり症などに対する腰椎後方椎体間固定術はもちろん、特発性側弯症や腰が曲がって歩けないなどの症状を起こす成人後側弯症などに対し、金属製スクリューなどを用いたインストルメンテーション手術を積極的に行っています。骨切り術などを採用することにより、以前に比べて高い矯正率を達成できるようになっているほか、安全な手術を患者さんに提供するために、ナビゲーションシステムや術中脊髄モニタリングなども併用し行っています。
なお、特発性側弯症については、毎週火曜日午後に側わん外来(予約制)を設置しています。

  特発性側弯症(術前)

特発性側弯症 術前

特発性側弯症(術後)

特発性側弯症 術後

成人後弯症(術前)

成人後側弯症 術前

成人後弯症(術後)

成人後側弯症 術後

3:低侵襲脊椎固定術

 

けがを含む背骨の病気(不安定脊柱を伴う脊柱管狭窄症、脊柱変形、脊椎骨折、脊椎感染など)には、背骨を金属で固定し安定化する必要があるものが少なくありません。 従来の手術は皮膚を大きく切開し、背骨の周りの筋肉を大きく剥がして金属で固定する必要があり、出血の増加、筋肉への大きなダメージ、感染のリスクが高まる等の問題が残されています。
これらの問題を解決する「低侵襲手術」は、近年手術器具・手術法の改良が世界中で進められております。
当院においても患者さんへの負担を極力少なくするよう、手術法の低侵襲化に努めております。小切開での金属内固定を可能とする経皮的椎弓根スクリュー(PPS: Percutaneous Pedicle Screw)や側方から脊椎にアプローチして大きなケージ(椎間板の代わりに背骨を支える人工的な支柱)を設置することが可能な側方経路腰椎椎体間固定術(LLIF: Lateral Lumbar Interbody Fusion)は、特に手術の低侵襲化に有用とされており、当院でも積極的に採用しています。
手術の低侵襲化により、術中術後出血量の減少、術後疼痛の軽減、感染率の減少、入院期間の短縮等の効果が得られております。

 

例1)不安定脊柱を伴う脊柱管狭窄症(変性すべり症)

左腹部4cmの小切開によりLLIFを行い、背部に2cmの小切開4か所によるPPS固定を行っております。その結果、脊柱管内操作を行わずに(神経損傷・出血リスク等の軽減)脊柱管を間接的に拡大し、脊柱を安定化することが可能です。

  特発性側弯症(術前)

手術前

特発性側弯症(術後)

手術後

 

例2)成人脊柱変形(変性後側弯症)

左腹部6cmの小切開によりLLIFを4椎間行い、後方をスクリューにて固定しています。LLIFを適応することにより、効果的な変形矯正が低侵襲(出血量の大幅な軽減)に行うことができます。

  特発性側弯症(術前)

手術前

特発性側弯症(術後)

手術後

 

例3)骨粗しょう症性椎体骨折

左腹部6cmの小切開によりLLIF手技により骨折椎体を置換し、後方をPPSにて固定しています。LLIFを適応することにより、必ずしも長く背骨を固定する必要はなくなります。

  特発性側弯症(術前)

手術前

特発性側弯症(術後)

手術後

4:内視鏡下腰椎後方除圧術(Microendoscopic discectomy: MED、Microendoscopic laminotomy: MEL)

 

内視鏡下脊椎手術は、先端にCCDカメラが付いた直径16mmの金属の筒を腰部に挿入し、拡大されたモニターを見ながらヘルニア摘出や狭くなった脊柱管の除圧術を行う低侵襲手術です。
当院では腰椎椎間板ヘルニア(MED)だけでなく、腰部脊柱管狭窄症の手術(MEL)にも内視鏡を積極的に応用しています。皮膚切開は20伉度で、術後入院期間は5日程度です。
日本整形外科学会認定の内視鏡手術技術認定医が在籍しており、安全な手術の提供に努めています。

 

※新しいデュプイトラン拘縮の治療をはじめました「手術をしないで治す デュプイトラン拘縮」

 

デュプイトラン拘縮は、手のひらの皮膚のすぐしたの「手掌腱膜」が厚く、固く縮んでいき指が曲がってくる原因不明の病気です。
痛みは無く、徐々に進行していくため日常生活に支障が出るまで病院に受診しないことが多いです。 治療方法は固く縮んだ腱膜を手術で切除するしかありませんでした。
当院では「手術しないで治す」治療を行っています。
2015年9月17日から注射により固く縮んだ手掌腱膜を溶かし手指を伸ばす、新しい治療法が日本でも承認され、当院で治療可能となりました。外来通院で治療できるので、手術よりも負担が少なくすみます。
この治療は日本手外科学会専門医で、本治療の講習を履修した医師が行う必要があります。
デュプイトラン拘縮は診断、治療が困難な疾患です。手外科専門医の受診が望ましいです。

  デュプイトラン

このページの先頭へ

済生会川口総合病院 脊椎脊髄病センター

整形外科では1985年より佐藤副院長のもと、脊椎疾患、外傷の集約的、専門的治療を中心に行ってきており、20年以上の実績があります。
昨今の、より高度な医療や専門性を求める患者さんのニーズに応えるべく、2005年冬より脊椎脊髄病センターを開設致しました。
現在、専門性、先進性が要求される脊椎、脊髄病に対し、9名の脊椎脊髄病専門医師(6名の脊椎脊髄外科指導医を含む)が高いレベルの診断、治療を実践しております。

顧問 佐藤 浩一(さとう ひろかず)
  東京医科歯科大学整形外科臨床教授
  昭和49年卒
専門資格 日本整形外科学会整形外科専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医
専門疾患
手 術
研究内容
脊椎脊髄病全般
脊椎、脊髄損傷の保存的、手術的治療
主任部長 新井 嘉容(あらい よしやす)
  東京医科歯科大学整形外科臨床教授
  平成3年卒
専門資格 日本整形外科学会整形外科専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本整形外科学会リウマチ認定医
日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医
専門疾患
手 術
研究内容
脊椎脊髄病全般
脊椎低侵襲除圧術・低侵襲固定術
部長 坂井 顕一郎(さかい けんいちろう)
  平成10年卒
専門資格 日本整形外科学会整形外科専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医
専門疾患
手 術
研究内容
脊椎脊髄病全般
頚椎疾患
脊柱靭帯骨化症手術
脊柱変形矯正手術
部長 鳥越 一郎(とりごえ いちろう)
  平成11年卒
専門資格 日本整形外科学会整形外科専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医
専門疾患
手 術
研究内容
脊椎脊髄病全般
低侵襲脊椎固定術
脊柱変形矯正手術
医長 松倉 遊(まつくら ゆう)
平成17年卒
専門資格 日本整形外科学会整形外科専門医
専門疾患
手 術
研究内容
脊椎脊髄病全般
このページの先頭へ

手外科専門医

部長 太田 剛(おおた つよし)
  昭和63年卒
専門資格 日本整形外科学会整形外科専門医
日本手外科学会手外科専門医
専門疾患
手 術
研究内容
上肢疾患(外傷、神経、変性疾患)
このページの先頭へ

ご入院について

入院生活
2004年7月に現在の本館が完成し、整形外科の総ベッド数は65床で各お部屋にはトイレ、洗面所が完備しています。
大部屋はすべて4人部屋です。
個室は総数9室でシャワー・トイレ付きが7室で1泊13,000円(税別)、シャワー・トイレなしが2室で1泊10,000円(税別)です。
整形外科では基準看護を採用しており付き添いの必要はありません。

入院期間
疾患、手術内容にもよりますが、一般的には手術後5日〜3週間程度の入院になります。順調に経過した場合は手術翌日〜2、3日で座ったり歩いたりできるようになります。マヒがある患者さんの場合は、歩行開始後にリハビリがなされることがあります。
当院では日帰り手術センターを利用して入院前に脊椎検査を行うことで、手術前の入院期間を短縮しています。

このページの先頭へ

外来受診について

当科では再診のみ予約制で外来が運営されております。
初診の場合は混雑状況によりますが、2〜5時間以上お待ちいただく場合があります。
初診の方は紹介状が必要ですので、
紹介状をお持ちの上、受付時間内(平日8:30〜11:00)に初診受付窓口へお越しください。
なお、担当医を希望する場合には、外来受診担当医表をご参照ください。

このページの先頭へ

手術費用概算について

手術費用概算についてはこちら

このページの先頭へ

Q&A

Q1.腰椎椎間板ヘルニアとはどのような病気ですか。
A1.
椎間板とは腰の骨の間に挟まっているクッションで、消しゴムのような柔らかさを持っています。
このクッションのおかげで腰は衝撃を和らげ動くことができるわけですが、
年齢とともにクッションが劣化し腰痛や下肢のしびれや痛みを起こすようになります。
これを腰椎椎間板ヘルニアと呼んでいます。
当科では脊椎専門医が正しく診察し、MRIの所見を診断し、治療に当たることができます。

Q2.背骨の検査は痛いですか。
A2.
背骨の検査には、神経を写す脊髄造影と椎間板ヘルニアを写す椎間板造影があります。
これらの検査は針を刺すので痛みを伴います。
しかし、最近ではMRIと呼ばれる検査があり、
この検査は40分程度仰向け寝ているだけで、神経、椎間板ヘルニアの両方を見ることが出来ます。
当科では、MRIの導入以降、なるべく痛みのある検査は省略し、診断、治療に当たるよう努力しています。

Q3.背骨の手術ではどのくらい安静にする必要がありますか。
A3.
背骨の手術では、一昔前は手術後2週間から4週間程度の長期安静臥床を必要としていました。
しかし、最近は単純な背骨の手術では手術後翌日、
複雑な手術は手術後2〜3日目に座ったり、歩いたり出来るようになっています。
そのため入院期間は、手術後1〜3週間程度と大幅に短縮していますので、ご安心ください。

Q4.骨粗鬆症の治療はしていますか。
A4.
骨粗鬆症は高齢化に伴い年々増加していますので、当科に骨粗鬆症の検査を希望して来られる患者さんも増えています。
当科では、レントゲン写真、血液検査、骨塩定量検査により骨粗鬆症の診断を行い、
正しい生活指導、薬による治療を行っています。

このページの先頭へ