安心・満足を得られる健診センターをめざし、皆さまの健康をサポートします

脳ドック

脳ドック -MRIを使用したドックです

日本人の死亡原因第4位となっている脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)。年間11万人もの方が命を落としています。また、要介護状態になる原因では第1位です。
脳卒中は働き盛り世代の命を奪ったり、生活を一変させてしまったりする恐ろしい病気です。
脳ドックでは脳と脳の血管の状態を詳しく見て、動脈硬化や小さな脳梗塞、脳出血の跡、脳血管のこぶの有無などを調べ、脳卒中発症の危険度を検査します。

早期発見したい脳動脈瘤

脳ドックが特に効果を発揮するのが、人口の2~6%が持っているとされる脳動脈瘤です。
脳動脈瘤が破裂すると、くも膜下出血を起こし、生命および予後に重篤な影響を与えます。
未破裂脳動脈瘤の多くは症状がなく、脳ドックが発見のほぼ唯一の手段ともいえます。

脳ドックを受けていただきたい方 (脳卒中の危険因子)

 □40歳以上で、脳の検査をしたことがない方
 □高血圧や動脈硬化、糖尿病、脂質異常症、肥満などを指摘されている方
 □喫煙、過度の飲酒、過度のストレス、不規則な生活習慣のある方
 □血縁者で脳卒中になった人がいる方
 □慢性の頭痛、一過性の激しい頭痛がある方     など

VSRAD(早期アルツハイマー型認知症診断支援システム)

VSRAD(Voxel-Based Specific Regional Alzheimer's Disease)は、早期発見アルツハイマー型認知症特有の内側側頭部(海馬・扁桃・嗅内野など)の萎縮の状態を専用のソフトを使用して解析し、萎縮の程度をみる検査です。

50歳以上の方が対象です。
50歳未満の方は個人差が著しく、検査の信頼度が下がるため検査をお受けできません。また、水頭症の場合や脳梗塞の場合など、正確に解析ができない場合があります。
アルツハイマー型認知症は、さまざまな臨床情報と合わせて総合的に医師が診断するものです。VSRADだけでアルツハイマー型認知症を判断することはできません。

検査は通常の脳ドックの撮影にVSRADの撮影(約6分間)がかかります。

コース

脳ドックコース 所要時間 料金(税別)
VSRADなし
料金(税別)
VSRADあり
フルコース 約4時間 ¥45,000 ¥48,000
ベーシックース 約3時間 ¥37,000 ¥40,000
シンプルコース 約2時間 ¥32,000 ¥35,000

検査項目

検査項目 フルコース
VSRADなし
フルコース
VSRADあり
ベーシック
VSRADなし
ベーシック
VSRADあり
シンプル
VSRADなし
シンプル
VSRADあり
頭部MRI・MRA
VSRAD
身長・体重・BMI
血圧
眼底カメラ検査
尿糖・尿たん白・尿潜血
空腹時血糖・HBA1c
赤血球・血色素量
総コレステロール・中性脂肪・
LDL・HDL・non-HDL
AST・ALT・γ-GT・ALP
・総たん白・アルブミン肪
尿酸・クレアチニン・eGFR・尿酸
頚動脈エコー
心電図・心拍数検査
医師診察
結果説明 後日
(希望者)
後日
(希望者)
後日
(希望者)
後日
(希望者)
後日
(希望者)
後日
(希望者)

ご予約

脳ドックのご予約についてはこちら