地域がん診療連携拠点病院、地域医療支援病院、臨床研修病院、地域周産期母子医療センター、災害拠点病院

埼玉県済生会川口総合病院

がん治療への取り組み
  • がん治療への取り組み

がん治療への取り組み

■がん治療への取り組み  ■具体的な取り組み
各診療科の取り組み
■消化器内科  ■外科  ■泌尿器科  ■呼吸器内科  ■リンパ外科・再建外科   ■放射線科

がん治療への取り組み

当院は、平成21年2月に「地域がん診療連携拠点病院」として指定されました。
県南地域のがん診療の中心となる当院では、がん治療について、厚生労働省の「第3次対がん10か年総合戦略」にのっとり、
患者さんが質の高いがん診療が受けられるような環境の整備および診療の実施を、医師、看護師、薬剤師、放射線技師、
ソーシャルワーカー、 診療情報管理士が一丸となって取り組んでおります。

具体的な取り組み

  1. 日本に多い(胃がん、大腸がん、肝臓がん、乳がん、肺がん)を中心に、外科的切除術、内視鏡的切除術、
    抗がん剤による化学療法、放射線による放射線療法を、外来、入院にて実施しています。
  2. がん相談支援センターを設置し、がんのさまざまなご相談に対応しています。
  3. セカンドオピニオン外来を設置し、患者さんからの依頼に応じています。
  4. 緩和ケア医療を、いろいろな面より実施しています。
  5. 地域の医療機関との連携をもって、患者さんのがん治療をサポートしています。
  6. がんの早期発見やがん予防のため、侵襲の少ない高機能のPET/CT検査を導入して、診断を行っています。
このページの先頭へ

各診療科の取り組み

■消化器内科  ■外科  ■泌尿器科  ■呼吸器内科  ■リンパ外科・再建外科   ■放射線科

■消化器内科

〔取り扱い疾患〕
肝細胞がん 食道がん 胃がん 膵がん 胆道系のがん(胆嚢がん・胆管がん) 大腸がん

〔診療体制〕
当科は日本消化器病学会、日本肝臓学会、日本消化器内視鏡学会の認定施設であり、専門医・指導医が所属しています。
消化器がん全般を扱いますが、特に力を入れているのは、食道がん・胃がん・大腸がんの内視鏡的治療、
肝がんの内科的治療、消化器がんの抗がん剤治療・放射線治療などです。

《肝細胞がん》
肝臓にできるがんのほとんどが肝細胞がんで、その原因のほとんどがC型ならびにB型肝炎ウイルスです。
したがって、ウイルスの治療が大切です。ウイルスがいなくなれば、がんの心配はほとんどなくなります。
しかし、がんができてしまった場合は、がんの程度や肝臓の予備力により、治療法を選択します。
−治療方法−
ラジオ波焼灼療法・・・肝臓に針をさして、ラジオ波でがんを焼く方法
経皮的エタノール注入療法・・・肝臓に針をさして、がんにエタノールを注入してがんを小さくする方法
経カテーテル肝動脈塞栓術・・・がんに栄養を与えている血管を詰めてしまい、がんを小さくする方法
肝動注化学療法・・・リザーバー設置後抗がん剤を反復して注入し、がんを小さくする方法

《胃がん》
胃がんの発生にはピロリ菌の関与が大きいようです。その他、高塩分、ニトロソアミン、タバコなども関係しています。
胃がんができてしまった場合は、早期でしたら、内視鏡で切除できるものも多いです。
進行がんは、手術や抗がん剤による治療を行います。
−治療方法−
内視鏡的粘膜切除術(EMR)、内視鏡的粘膜剥離術(ESD)、抗がん剤による化学療法

《大腸がん》
食生活の欧米化により、大腸がんが増えております。
早期なら内視鏡で切除できますが、進行がんは、手術や抗がん剤で治療します。
−治療方法−
内視鏡的粘膜切除術(EMR)、ポリープ切除術、抗がん剤による化学療法

《食道がん》
タバコ、高濃度アルコール、熱いものなどが関係しています。
早期なら内視鏡で切除できますが、進行がんには手術や放射線療法・化学療法を行います。
−治療方法−
内視鏡的粘膜切除術(EMR)、抗がん剤による化学療法、放射線療法

《胆嚢がん 総胆管がん》
胆嚢がんは、胆嚢結石を合併していることが多いです。
がんの程度によりますが、手術や抗がん剤による治療を行います。
−治療方法−
抗がん剤による化学療法、放射線療法

このページの先頭へ

■外科

〔取り扱い疾患〕
消化器疾患のがん
 食道がん 胃がん 小腸がん 大腸がん(結腸がん、直腸がん)
 胆道がん(胆嚢がん、胆管がん) 肝がん 膵がん 乳がん

〔診療体制〕
日本外科学会、日本消化器外科学会、日本消化器病学会、日本内視鏡学会の認定施設であり、順天堂大学外科の関連施設です。

〔治療方法〕
それぞれの臓器のがんと診断がついた場合、がんが臓器の中でどの程度拡がっているのか、
遠隔臓器に移転しているのかを、各種の画像診断を駆使して検査を行います。
これによりがんの臨床病期(ステージ)が分類されます。
がんの治療には外科治療、放射線治療、薬物治療があります。
臨床病期から各疾患のガイドラインに沿った治療が選択されますが、個々の患者さんの年齢、基礎疾患を考慮し、
患者さんに一番メリットのある治療を選択しています。
外科では、手術による外科治療および、抗がん剤などによる薬物療法がおもな治療となりますが、
放射線治療、内視鏡を使った切除、穿刺による薬物注入、血管を使った治療など、
院内で消化器内科、放射線科と連携を密にして治療にあたっています。
また、根治的な切除治療のできないがんの場合についても、患者さんにメリットのある治療を選択します
(閉塞性黄疸の減黄処置、腸閉塞の解除)。

《食道がん》
開胸開腹手術、3領域リンパ節郭清までの手術を行います。

《胃がん》
内視鏡治療、腹腔鏡下手術、開腹手術を行います。

《小腸がん》
適応に応じて手術を行います。

《大腸がん》
内視鏡治療、腹腔鏡下手術、開腹手術を行います。

《肝がん、胆道がん、膵がん》
積極的に外科手術を行います。

《乳がん》
可能であれば乳房温存手術を行います。
センチネルリンパ節生検を導入しています。

《再発がん、末期がん》
がんで不治の病の患者さんに対しては、正面から取り組み、患者さんとのコミュニケーションを大切にし、
QOL(Quality Of Life 日常生活の質)の向上にスタッフ一同努力しています。

このページの先頭へ

■泌尿器科
〔取り扱い疾患〕
前立腺がん、膀胱がん、腎盂尿管がん、腎細胞がん、精巣がん

〔診療体制〕
日本泌尿器科学会、日本泌尿器内視鏡学会の認定施設であり、東京女子医科大学の関連施設です。日本泌尿器科学会の専門医、指導医、日本泌尿器内視鏡学会の泌尿器腹腔鏡技術認定医が所属しています。
泌尿器がん全般を扱いますし、特に力を入れているのは前立腺がんに対する検査、および手術療法・放射線治療・薬物治療を組み合わせた集学的治療です。

〔治療について〕
がんのステージを確定したあと、治療を開始しています。
当院では基本的に入院し、制がん剤などによる化学療法、放射線療法を行います。
病気の進行度等により外来化学療法も可能です。

《前立腺がん》
前立腺がんは、初期にはがんに特有な自覚症状はありません。 したがって、大部分の方が、健診あるいは近医で腫瘍マーカー(PSA)の検査を受け、異常を指摘された後に来院されます。
外来では問診の後、直腸診、経直腸的超音波検査などを施行し、がんが疑われる場合には、前立腺針生検を行います。
特に前立腺生検では、MRIで検出された部位を超音波画像による生検で確実に採取できる技術である「MRI/超音波画像下前立腺生検」が、平成28年より厚生労働省より「先進医療」として認められ、当院では平成28年8月より国内で2施設目として開始しています。
MRIでがんが疑われる部位が明かな患者さん、および1回目の生検では陰性だったけれどもその後PSAがさらに上昇し2回目以上の生検が必要になった患者さんには強くお勧めする検査方法です。1〜2%の方に発熱、出血などを伴うことがありますので、 日帰り手術センターを経由し、検査日から翌朝までは入院の上観察させていただいております。
当院では手術療法、放射線療法、内分泌治療をはじめとした薬物治療が可能です。
手術療法では腹腔鏡手術を積極的に施行してきましたが、平成29年より3D腹腔鏡を導入し、より正確で安全な手術を導入しました。
放射線治療では平成29年秋より、強度変調放射線治療(IMRT)を導入します。より副作用が少なく高エネルギーの照射をおこなうことが可能になります。
薬物治療としては、認可されている全ての最新のホルモン治療薬、抗癌剤治療薬、分子標的薬、免疫チェックポイント阻害剤、放射線医薬品を使用できる体制を整えており、患者さんの状態、病気の状態、社会的状況に合わせた最適な治療を選択していきます。
その他の選択肢としては、小線源治療・陽子線・重粒子線治療については、ご希望があれば当院より紹介させていただきますのでお気軽にご相談ください。

《膀胱がん》
膀胱がんの多くが、排尿痛を伴わない血尿で来院されます。 したがって、痛くもないし、1日で血尿が止まったから大丈夫というのは大変危険です。男性に多く、有機溶媒などを扱う職業の方に多いと言われています。
膀胱がんは表在性と浸潤性の2種類に分けられます。
表在性の多くは内視鏡的に腫瘍を切除します。しかし、切除しても膀胱の別のところに再発を繰り返すという特性を持っており、
再発率を下げる目的で、抗がん剤の膀胱内注入、BCG療法などをおこなっています。
平成28年より腹腔鏡下膀胱全摘除術を開始し、良好な成績を得ています。
浸潤性は、もはや切除のみでは治療は不可能ですので、膀胱全摘除術をおこないます。
摘出後の尿路再建として、当科では、自分で排尿が可能な、代用膀胱での尿路再建を積極的に行っています。
また、浸潤がんでの治療の基本は膀胱全摘除術ですが、切除が不可能な場合や、希望されない場合は、内視鏡切除後、抗がん剤や放射線治療を用いる集学的治療を実践しています。

《腎盂尿管がん》
膀胱がんと同様に、症状のない肉眼的血尿で発症することが多いです。腎盂尿管の壁は薄いので、内視鏡的に腫瘍のみ切除することは困難で、多くは腎臓と尿管を全て切除することが多いです。腹腔鏡でもできますし、リンパ節郭清をしっかりする必要がある場合は開腹手術でおこないます。
転移を伴う場合は抗がん剤治療や放射線治療をもちいます。

《腎細胞がん》
進行すると血尿・側腹部痛・発熱などの症状を伴います。近年はCTやエコーなどで他疾患を精査しているときに偶然発見される早期癌が増えてきています。腎細胞がんは手術療法が極めて有効です。小さい腫瘍の場合、腎部分切除術をおこないます。大きい場合は腎臓の周囲のゲロタ筋膜ごと切除する根治的腎摘除術をおこない、主に腹腔鏡でおこないます。転移を伴う場合は分子標的薬や免疫チェックポイント阻害薬などをもちいます。

《精巣がん》
20〜30歳台に多いがんです。陰嚢内に腫大した精巣を触れて気付くことがおおいです。早期がんの場合、高位精巣摘除術をおこないます。転移を伴う場合は抗癌剤を使用したり、後腹膜リンパ節郭清術、あるいはセミノーマの場合放射線治療をおこないます。抗がん剤がとてもよく効く腫瘍で、転移があっても治る可能性の高いがんです。

このページの先頭へ

■呼吸器内科

〔取り扱い疾患〕
主に肺がん 悪性中皮腫

〔診断について〕
胸部CT、気管支鏡、CTガイド下肺生検などで診断を行っています。また、場合によりPET/CT検査も使用します。

〔治療について〕
がんのステージを確定したあと、治療を開始しています。
当院では基本的に入院し、制がん剤などによる化学療法、放射線療法を行います。
病気の進行度等により外来化学療法も可能です。

〔実 績〕

  平成24年度 平成25年度 平成26年度
肺がん 入院患者数(延べ) 297件 279件 244件
肺がん 化学療法件数 303件 288件 303件
このページの先頭へ

■リンパ外科・再建外科(リンパ浮腫)

乳がんや婦人科がんなどの手術治療後に、リンパの流れが停滞することによりリンパ浮腫がみられることがあります。リンパ外科・再建外科では、そのリンパ浮腫に対し専門的な治療をおこなっています。

〔診療体制〕
当院のリンパ浮腫専門外来は、血管外科医師2名、形成外科医師2名(各非常勤1名含む)、リンパドレナージセラピスト2名、理学療法士、管理栄養士が専門チームとして治療に携わっています。

〔治療について〕
特色としては、治療開始前にリンパシンチグラフィ/ICGリンパ管造影検査を行うことで、患者さんそれぞれのリンパ機能を評価し、最適な治療法を選択しています。
手術を行う場合には、手術用顕微鏡を用いた低侵襲リンパ外科治療(顕微鏡下リンパ管細静脈吻合術:LVA)と弾性ストッキングなどの保存療法を融合することで、より質の高い医療を提供しています。特に日常生活の支障となる蜂窩織炎の発生抑制に力を入れています。

◎リンパ浮腫専門外来についてはこちら

このページの先頭へ

■放射線科

がんの治療には、大きく分けて「手術(外科的治療)」「化学療法(抗がん剤治療)」「放射線治療」の3つがあります。
当科で行っている「放射線治療」は、エックス線や電子線などの放射線を用いて、がんを安全かつ効率的に治療する方法です。
手術と同じく、がんとその周辺のみを治療する局所治療ですが、臓器を切除したりすることがないため、機能や形態を温存することが可能です。
また、がんの進行状況などにあわせて、手術や化学療法と組み合わせて行うこともあります。

〔診療体制〕
常勤の放射線治療専門医が診療を行っています。

〔治療について〕
完全予約制です。
当院での治療をご希望の方は、まず当該診療科を受診してください。

◎放射線治療についてはこちらもご覧ください。

このページの先頭へ
  がん相談支援センター
TEL:048-253-8941 (平日 10:00-15:00)
このページの先頭へ