診療科・部門紹介
眼科
特長   学会認定施設   スタッフ紹介   主な対象疾患   主な手術・治療・検査とその実績
外来担当医表

特長

当科の手術の中で最も多い白内障手術では、
常に最新の器械・技術を駆使して、短時間かつ無痛の手術をおこなっています。
また種々の理由により難易度が高い場合の手術も多数行っています。

糖尿病網膜症については、
内科糖尿病専門医と密接な連携をとりながら、光凝固治療や硝子体手術をおこなっています。

ぶどう膜炎は原因が多種多彩で病因不明例も多く存在するため、的確に診断するのは難しい疾患ですが、
全身的検査や特殊検査をおこない経過観察することにより、
原因究明をし、的確な治療をおこなうことを心がけています。

当科は東京女子医科大学眼科の関連施設となっており、
特に専門的な検査・治療が必要な場合にはスムーズにご紹介しています。

学会認定施設

日本眼科学会専門医制度研修施設

このページの先頭へ

スタッフ紹介

主任医長   坂本 英之 (さかもと ひでゆき)
部 長   伊藤 結香 (いとう ゆか)
医 長   齊間 麻子 (さいま あさこ)
医 員   伊藤 優花 (いとう ゆうか)
このページの先頭へ

主な対象疾患

眼に関するあらゆる病気を診ます。
主な疾患は下記の通りです。

1: 眼の機能障害
 近視・遠視・乱視・老眼・色覚異常・眼精疲労など
2:眼瞼(まぶた)疾患
 ものもらい・さかさまつげ・眼瞼下垂など
3:角膜・結膜疾患
 角膜炎・角膜潰瘍・ドライアイ・結膜炎・結膜下出血・翼状片など
4:強膜・ぶどう膜疾患
 強膜炎・ぶどう膜炎・サルコイドーシス・ベーチェット病・原田病など
5:水晶体・硝子体疾患
 白内障・生理的飛蚊症など
6:緑内障・視神経疾患
 緑内障・視神経炎・うっ血乳頭など
7:網膜疾患
 糖尿病網膜症・網膜中心静脈閉塞症・中心性網脈絡膜炎・網膜色素変性症など

病気によっては、脳神経外科・耳鼻咽喉科・皮膚科・内科などと連携して診ていくこともあります。

このページの先頭へ

主な手術・治療・検査とその実績

白内障手術
 年間:約1,000件(現在は約3〜4ヶ月待ち状態です)
 白内障手術は片眼で3泊4日、または日帰り手術、1泊入院など、患者さんの希望に対処しています。
 また、当院では多焦点眼内レンズ(遠近両用)を用いた手術について、先進医療の届出をしています。

【先進医療について】
保険診療との併用が認められた先進的な医療技術のことです。
先進医療にかかる費用(多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術の場合は手術費 片目:35万円)は自己負担となりますが、
先進医療以外の費用は保険診療の対象となります。
詳しくは医師、または眼科受付スタッフにお尋ねください。
先進医療については厚生労働省ホームページにも掲載されています。

このページの先頭へ