診療科・部門紹介
放射線科
特長   学会認定施設   スタッフ紹介

特長

スタッフは常勤医4名、非常勤医5名、(うち治療専門医2名)で業務を行っています。
機器はマルチスライスCT2台、3.0テスラMRI装置1台、1.5テスラMRI装置1台、血管撮影装置(DSA)2台、マンモグラム、
核医学ガンマカメラ1台、PET/CT 1台、放射線治療装置1台を備えています。

<診断部>
画像はすべてコンピューター管理下となっており、診断専門医が読影し、迅速にレポートを作成していますので、
患者さんは必要があればその日のうちに主治医からの結果説明も受けられます。
また、他の医療機関からの撮影依頼も受けており、こちらも迅速にレポートを作成しています。
さらに当科にはIVR指導医もおりますので、他科からの依頼でIVR治療も行っています。

■CT
最新鋭のDual-Source CTを導入しており、心臓や抹消血管などさまざまな部位の撮影に対応しています。
冠動脈はじめそのほかの動脈のCTangiographyや3D再構築にも力を入れています。

■MRI
最新鋭の機器を導入し、より詳細な病原把握が可能になりました。
開口部も少し広くなり、体格の大きな方や閉所が苦手だった方にも安心して検査を受けていただくことができます。

■マンモグラム
認定医が読影しています。

■核医学
骨シンチグラフィ、ガリウムシンチグラフィの他に脳血流シンチグラフィや腎動態シンチグラフィ、
心筋シンチグラフィなどの機能シンチも行っています。
また、本年度より負荷心筋シンチグラフィ、リンパ管シンチグラフィ、甲状腺シンチグラフィもはじめました。

■PET/CT
診療用はもちろんのことPET/CT検診にも力を入れています。
施設によっては、検診は結果が出るまで数日かかることもありますが、
悪性腫瘍を見つけるためのPET/CT検診ですので、当院では遅くとも検査翌日までには読影を行い、
検診の方に万が一悪性腫瘍を疑う所見が見つかった場合は、すぐご本人にご連絡しています。
当科で悪性を疑って他院をご紹介する場合は、紹介状作成料はいただいておりません。
詳しくはPET/CTセンター(フリーダイアル0120-253-008)までお問い合わせください。
診療用のPET/CTに関しては保険適応となる疾患が国から定められていますので、
主治医からの情報提供書を参考に保険・自費の見極めをさせていただいています。

 ◎PET/CTセンター詳細はこちら


<治療部>
放射線治療は、放射線をがんに集中して照射することで、がんを死滅させ病巣の治療および縮小を目指します。
放射線治療の利点は、形態機能を温存できること、
また高齢者や合併症を有する患者さんにも用いることができることです。
頭頚部がん、乳がん、肺がん、食道がん、子宮がん、前立腺がん、転移性骨腫瘍など
様々ながんに対して放射線治療が行われています。
院外からの依頼もお受けしていますが、放射線科では入院設備がありませんので、
その場合は院内の該当科にご紹介いただいてからの治療となりますことを予めご了承ください。

学会認定施設

日本医学会放射線学会放射線科専門医修練機関

このページの先頭へ

スタッフ紹介

主任部長   西村 竜子 (にしむら りゅうこ)
部 長
放射線治療専門医
  中村 香織 (なかむら かおり)
(非常勤)
放射線治療専門医
  泉 佐知子 (いずみ さちこ)
(非常勤)   松田 亮 (まつだ りょう)
(非常勤)   舘野 展之 (たての のぶゆき)
(非常勤)   伊藤 真弥 (いとう しんや)
(非常勤)   吉田 慶之 (よしだ よしゆき)
このページの先頭へ