診療科・部門紹介
外科
特長   学会認定施設   スタッフ紹介   主な対象疾患
National Clinical Databaseへの症例登録について   主な手術・治療・検査とその実績
外来担当医表

特長

成人の消化器・乳腺・一般外科領域の疾患を対象として診療に従事しています。
具体的には食道、胃、小腸、大腸の良性疾患(胃潰瘍、胃ポリープなど)、悪性疾患(胃がん、大腸がんなど)
および肝、胆道、膵疾患(胆石症、肝がん、胆道がん、膵がんなど)さらに乳がん、ヘルニア、虫垂炎、痔核、痔瘻などです。
患者さんの立場に立ち、かつ質の高い医療を提供することをモットーに診療をおこないます。
また、悪性疾患で不治の病の患者さんに対しては正面から取り組み、
患者さんやご家族とのコミュニケーションを大切にし、QOLの向上にスタッフ一丸となって努力しています。

学会認定施設

日本外科学会外科専門医制度修練施設
日本消化器外科学会専門医修練施設
日本消化器病学会認定施設
日本消化器内視鏡学会指導施設
日本大腸肛門病学会認定施設
日本乳癌学会認定施設
日本消化管学会暫定処置による胃腸科指導施設

このページの先頭へ

スタッフ紹介

病院長   佐藤 雅彦(さとう まさひこ)
主任部長   石戸 保典(いしど やすのり)
部 長   渡部 英(わたべ すぐる)
部 長   根上 直樹(ねがみ なおき)
部 長   齋藤 徹也(さいとう てつや)
部 長   岡田 治彦(おかだ はるひこ)
部 長   山田 正樹(やまだ まさき)
部 長   盒供〕害(たかはし ゆか)
医 長   盧 尚志 (ろ ひさし)
医 員   仙波 遼子 (せんば りょうこ)  
このページの先頭へ

主な対象疾患

消化器悪性疾患に対する診断と外科治療
良性疾患(胆石、胆嚢ポリープ、胃腺腫)、胃がん、大腸がんなどに対する腹腔鏡下手術
内視鏡下胃瘻造設術
消化器・胆管拡張術、総胆管結石載石術
閉塞性黄疸(胆石症、胆管腫瘍、膵腫瘍など)に対する経皮的胆管ドレナージ
進行・再発消化器悪性腫瘍に対する抗がん剤治療
乳がん手術(温存療法を含む)
ヘルニア・乳腺疾患・体表腫瘍に対する日帰り手術

このページの先頭へ

National Clinical Databaseへの症例登録について

当院は、National Clinical Database(NCD)が行う、外科手術症例のデータベース化事業に参加しており、
外科および血管外科においての手術症例を登録しています。
下記の「患者さんへ 専門医制度と連携したデータベース事業について」をご参照いただき、
NCDの趣旨、また当院のNCDへの参加についてご理解いただきますようお願いいたします。

※平成23年1月1日以降、外科および血管外科において手術を受けるすべての患者さんが対象となります。
※NCDは日本外科学会を基盤とする外科系の学会が共同し、日本全国における外科手術に関する情報を
  集計・分析することにより、医療の質向上に役立てることを目的としています。

●「患者さんへ 専門医制度と連携したデータベース事業について」
●National Clinical Database(NCD)ホームページ

このページの先頭へ

主な手術・治療・検査とその実績

治療成績

  平成22年度 平成23年度 平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度
手術症例 635例 664例 719例 716例 797例 879例
  平成22年度 平成23年度 平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度
悪性疾患 284例 294例 312例 295例 293例 341例
胃がん 75例 61例 84例 68例 49例 72例
大腸がん 121例 130例 139例 130例 134例 136例
小腸がん 16例 13例 13例 6例 6例 11例
乳がん 32例 32例 34例 39例 44例 57例
食道がん 3例 3例 7例 8例 7例 4例
肝がん 14例 16例 21例 18例 16例 23例
膵臓 胆道 膵がん 8例 6例 5例 5例 5例 7例
胆道がん 8例 8例 6例 10例 5例 6例
肺がん - - - - 11例 6例
その他 - - - - 16例 19例
  平成22年度 平成23年度 平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度
良性疾患 351例 397例 407例 421例 504例 538例
胆石 ポリープ 65例 69例 76例 73例 84例
胆管結石 5例 7例 6例 2例 9例
乳腺腫瘍 6例 2例 2例 3例 2例 3例
イレウス 14例 16例 27例 38例 42例
ヘルニア 129例 142例 126例 146例 149例 161例
虫垂炎 62例 62例 62例 75例 76例
痔核 肛門 痔ろう など 22例 24例 32例 25例 11例
消化管穿孔 16例 16例 18例 18例 28例

5年生存率(平成8年〜22年)

※平成22年より、胃がん取り扱い規約が改訂されたため胃がんのステージ構成が変更されています。

胃がん   5年生存率
件数 5年生存 5年内死亡 不明
ⅠA 321 262 25 34 91.29%
ⅠB 128 92 26 10 77.97%
101 59 30 12 66.29%
7 5 1 1 83.33%
B 5 2 3 0 40.00%
ⅢA 103 30 64 9 31.91%
ⅢB 55 11 39 5 22.00%
C 3 0 3 0 0.00%
114 6 104 4 5.45%
大腸がん   5年生存率
件数 5年生存 5年内死亡 不明
0 45 32 6 7 84.21%
196 160 15 21 91.43%
353 242 84 27 74.23%
ⅢA 207 110 79 18 58.20%
ⅢB 106 39 58 9 40.21%
155 21 126 8 14.29%
乳がん   5年生存率
件数 5年生存 5年内死亡 不明
0 5 4 0 1 100%
184 160 6 18 96.39%
1 1 0 0 100%
ⅡA 139 112 15 12 88.19%
ⅡB 67 45 15 7 75.00%
ⅢA 25 15 7 3 68.18%
ⅢB 9 4 5 0 44.44%
ⅢC 10 7 3 0 70.00%
7 1 6 0 14.29%

◎がん治療への取り組みについての詳細はこちらに掲載しています。

このページの先頭へ