地域医療連携

地域医療連携

地域医療連携と初診紹介外来制

当院では、「地域完結型医療」を目指し、地域の医療機関との機能分化を推進しています。
当院は、地域の急性期病院として、専門的な治療・検査・手術または入院などを担う役割があります。
当院を初診で受診する際は、まず、かかりつけ医(医院やクリニック)に受診し、専門的な治療や検査または入院などが必要とされた場合、紹介状をお持ちの上、ご来院ください(初診紹介外来制)。
また、病状が安定したり、慢性期となった患者さんは、かかりつけ医への回帰や、近隣の診療所やクリニック、またリハビリ病院や療養型病院をご紹介・ご案内させていただいております。
このような役割分担により、地域の医療機関と当院が協力し、患者さんへのより安全・安心な医療が提供できると考えます。

外来受診のご案内

かかりつけ医をお持ちですか?

かかりつけ医とは、患者さんご自身やご家族の健康管理や、日ごろから診察のほかにも健康や指導を含め、
気軽に受診できるいちばん身近なお医者さんであり、最初の医療の相談役です。

「かかりつけ医」のメリット

  • 普段のあなた自身の健康状態から病歴などを把握していますので、適切な治療が受けられます。
  • 急に具合が悪くなっても安心して診てもらうことができます。
  • 入院や高度な検査など必要に応じて、専門の病院等を紹介してもらうことができます。
  • 待ち時間も比較的短く、気軽に受診できます。
  • 日ごろの健康管理など、身近で何でも相談できる主治医です。

医療連携登録医

当院は、地域の医療機関とより良い医療連携を図れるよう、「医療連携登録医制度」を設け、多くの地域のドクターに「登録医」となっていただいております。

かかりつけ医をお探しします

ご自宅や職場の近隣で、かかりつけ医をお探しの方は、地域医療連携室へご相談ください。
■場所…総合案内でお声掛けください。
※患者さんの症状から救急等の判断を看護師がおこなっておりますので、ご来院いただいた方へのご案内とさせていただいております(お電話でのご案内はしておりません)。

このページの先頭へ